結婚式に着て行く服装には多くのマナーがあります

誓いのキス

結婚式に出席する

披露宴

結婚式に出席する時には、数多くのマナーを理解した上で出席する必要があります。
特に結婚式に着ていくドレスはかなり重要で、結婚式の服装におけるマナーは数多くあります。
女性はヘアスタイルからアクセサリー、バッグやドレスカラーなど多くの点に注意が必要です。
最近では、結婚式に着て行くドレスやアクセサリーもインターネットで選ぶことができるので、そういったマナーを確認しておくと適したドレスを簡単に探し出すことが可能です。

結婚式のドレスは、基本的に過度に肩を露出するものは避けたほうが良いと言われています。
もし袖のないドレスを着用するのであれば、できるだけボレロなどの羽織をすると良いでしょう。
ドレスのカラーも非常に重要なポイントで、花嫁が着るウエディングドレスと被ることが無いように、純白のドレスは避ける必要があります。
サテン生地などのドレスであれば、光沢も出るので結婚式のドレスに向いているといえます。
ドレスの着丈も、あまり短すぎる丈のものは避けた方が良いです。
ひざ上でも5センチ程度にしておく方が良いといえます。

結婚式では、花嫁が主役となるので、出席するときは華やかさも取り入れながら派手すぎる格好は避ける必要があります。
女性で髪の毛の長い人であれば、アップスタイルにすると好印象です。
通常どおりの髪の毛をおろしたスタイルだと、どうしても日常感がでてしまい、祝いの場に適しているとはいえません。
アクセサリーも宝石がじゃらじゃらと付いた派手なものよりは、パールを貴重にしたシンプルで上品なものが良いでしょう。
バッグもクラッチバックやパーティバッグを身に付け、あまり大きすぎる鞄は控えることが大切です。

New Posts

ドレスのマナー

時間帯で考える

結婚式に出席する場合、時間帯によっても服装は変わってきます。昼の結婚式の場合であれば、パステルカラーなどがベターといえます。夜の場合であれば昼に比べる露出の制限も少なく、華やかさも必要です。

 Read More
結婚式に出席する

出席シーンで違う

結婚式に招待された時に、挙式や披露宴から参加する場合と二次会からの出席する場合があります。挙式や披露宴から参加する場合に比べると、二次会からの服装は制限が少ない傾向にあります。

 Read More
結婚式

関係性も大切

結婚式の服装は、主役である新郎新婦との関係性も大きく関わってきます。友人として参加する場合や、親族として参加する場合、加えて職場の人として参加する場合、それぞれの服装を理解しておく必要があります。

 Read More

Recommended Links

  • フォーマルで華やかな結婚式の服装ならコチラのドレスをレンタルしましょう!価格もリーズナブルなので、おすすめです!